慰謝料の受け取り方

慰謝料をもらうための浮気の証拠

S子さん(奥さん)が浮気の証拠を集めようとしているようだ。相手の女性に慰謝料でも請求するつもりなのだろうか。
僕にも慰謝料を請求して離婚することを考えているのかもしれない。でも僕は離婚に応じるつもりはない。S子さんを愛しているから。
S子さんの優しい笑顔は癒される。一緒にいると安心する。それなのになぜ浮気をするのか…誰かに聞かれると返答に困る。結婚生活は五年ほど。
浮気相手はその時々で変わる。お互いに深入りせずに割り切った関係でいられる相手を選んでいる。浮気相手の終わりはあっけないものだ。
相手がいる時は、その女性のことを本気で愛しているが、ある程度の時間が経つと関係がだらけてくる。飽きも出てくる。だから関係を終わらせる。
結婚生活は幸せだ。平凡な毎日が続くと幸せだという実感が薄れてくる。浮気はスリルがある。平凡すぎて眠たくなりそうな日常に刺激が加わる。
別の女性と過ごす非日常的な時間から日常生活に戻った時、幸せを噛み締める。またS子さんへの愛情が増す。僕は浮気相手といくつかやのルールを決めていた。
ルールを破れば即ゲームオーバー。ルールの一つに21時以降と週末には連絡をしないというものがあった。女性達はルールを守ってくれていた。
でもA美はルールを破った。深夜2時に「今自宅にいますか?」とLINEを送ってきたのだ。僕がLINEに気づいたのは朝。
未読になっていたが、S子さんの様子からA美のLINEを見たことが分かった。聞かれた時は仕事関係だと誤魔化そうかと思ったが、
仕事関係なら深夜にLINEを送るのはあまりに不自然だ。LINEの内容では僕の浮気を証明するのは不可能だろう。
僕はLINEを常に確認して怪しいものが残らないようにしている。通話履歴もクレジットカードも全て管理している。SNSもしていない。
いくら探しても浮気の証拠となるものは見つからないだろう。仕事終わりに僕のあとを付けるのは非効率的なので、S子さんはしない。
今は僕の浮気を怪しんでいるが、探しても浮気を見つけることはできないはずなので時期がくればS子さんは落ち着きを取り戻すだろう。
A美はルールを破ったのでこれで終わり。ブロックしたのでその後は知らない。当分は浮気を休み幸せな日常に浸るつもりだ。

慰謝料をもらうための浮気の証拠 / 慰謝料をもらうための浮気の証拠 / 慰謝料の受け取り方法